不動産物件の購入で失敗しないようにするには

  1. ホーム
  2. 土地活用が難しいケース

土地活用が難しいケース

説明

地主の権利を確認

建物の所有を目的とした土地の賃借権を借地権といい、借地権の付いた土地を底地といいます。借地権の取引が問題になるケースは、土地活用に関する相談の中でも少なくありません。その理由のひとつとして、借地権と底地は密接につながっており、単独で売買すると評価額が著しく低くなってしまうことが挙げられます。借地権は地代さえ支払われていれば、ほぼ自動的に更新されることになっていて、地主は正当な理由がない限り契約を拒むことはできません。地主は安定した地代収入が得られるものの、自分の土地なのに自由に使えないというデメリットがあります。そのため底地だけを売却しようとしても、地価の相場より大幅に安くなってしまいます。一方借地人は、ほぼ永遠に住みつづけられますが、建物をつぶして駐車場にしたりすることはできませんし、地主が承諾しなければ建て替えもできません。そのため借地権だけを売却しようとすると、やはり低い価格でしか売れません。このように借地権と底地は一体のものと考える必要があり、売却するなら権利者が互いに相談した上で、共同売買するのが最も有利になります。しかし資金繰りや相続のタイミングなど、各々に複雑な事情があって、相談がまとまらないことも珍しくありません。収益物件を建てたい、借地権を地主に買い取ってほしい、借地を解消して所有権を移転したいなど、土地の活用方法で迷ったときは、専門家に相談することをお勧めします。