厄介な親族間の相続トラブルは弁護士に依頼して解決しよう

厄介な親族間の相続トラブルは弁護士に依頼して解決しよう

女性

親族間で起こる相続トラブル

父母や配偶者などの親族が他界した場合、遺産の相続が発生します。被相続人の子供が複数いると、相続する財産の割合に関して争いが起こることもあります。また相続財産の中に不動産がある場合は配分が難しく、売却して分けるなどをしなければなりません。被相続人の身の回りの世話をしていた(介護)場合、その貢献度で余分に遺産を貰いたいと訴える事例もあります。他に、内縁関係にある者が遺産を相続できるのかという疑問も出てきます。

ジャッジガベル

専門の弁護士に依頼しよう

離婚には離婚専門の弁護士がいるように、遺産相続の法律に精通した専門家がいます。不動産を相続したとき、そのまま不動産を賃貸物件として持つ事も可能ですが、どれが有利なのかはなかなか素人では判断出来ません。親族間の言い争いも、法的根拠を示しながら説明説得してくれるので、遺産のトラブルは、信頼の置ける弁護士に依頼するのが早道です。また故人の遺言書があるケースでは、法定相続人の取り分が異なってくることもあります。

相続トラブルが発生する原因ベスト3

男の人
no.1

遺産が不動産のみで分割困難

遺産が不動産のみの場合、現金のように分けたり、簡単に処分できないので、トラブルの原因となります。相続人が同居していた場合はかなり複雑になります。

no.2

親の面倒を看ていた特定の相続人がいる

近年多くなったのが、親の介護をしていた相続人が他の相続人よりも多く貰いたいという主張です。民法の平等な遺産分割案を主張すると言い争いになります。

no.3

被相続人に前妻の子と後妻の子がいる

前妻か後妻の子のどちらでも、法律上は同じ権利が認められていますが、それぞれが自分に有利な配分を主張して大きなトラブルになることもあります。

広告募集中