法的なトラブルはプロの法律家に相談しよう

人間は社会の一員である以上、社会生活上で何らかのトラブルが起こる可能性があり、そうしたトラブルを解決するために法律が存在します。法的にトラブルを解決するには、大阪の法律家に相談するのが一番です。

離婚の原因ランキング

no.1

お互いの性格の不一致

意外かも知れませんが、一番多い離婚理由がお互いの性格の不一致です。付き合っていた期間や結婚当初は、隠されていたか見えなかったのでしょう。

no.2

浮気や不倫による裏切り

最もよく耳にするのが浮気や不倫です。一夫一妻制度が確立した日本では、他に愛人をつくることは配偶者への裏切りとされます。

no.3

DV、相方へ暴力をふるう

近年多く報告されているのが家庭内暴力で、話し合いで解決せずに暴力で相方を傷付けてしまう忌むべき行為です。

no.4

モラハラ、精神的虐待

相方からの言葉による暴力で、精神的にダメージを受けてしまうことを指します。外傷はありませんが心の傷が残ります。

no.5

家庭経済におけるトラブル

夫が生活費を入れない、多額の借金、妻の浪費癖等の理由で、家庭経済が破綻している状況で離婚するケースも多くなっています。

慰謝料の請求をしよう

離婚やお金にまつわるトラブルでは、弁護士を立てた和解交渉や法廷での訴訟が起こります。ほとんどの場合、過失がある相手方に慰謝料を請求しますが、状況や内容で慰謝料の額が大きく異なります。

弁護士や司法書士に依頼した方が良い案件

離婚に関する問題解決

日本でも3組に1組のカップルが離婚する時代になりました。両者がすぐに合意すれば容易ですが、通常は弁護士を介して行います。

不倫に関する慰謝料請求

性格の不一致での離婚でも慰謝料が発生します。まして不倫となると、不倫相手も含めて色々な多額の慰謝料請求が行われます。

相続に関する問題解決

最も厄介なものに相続問題が挙げられます。相続額、相続人の数、相続税の納入など、素人では困難なことが多いです。

金銭貸借関係の問題解決

金銭貸借で、お金を貸した返したなどのトラブルが多いのですが、140万円未満の債権は大阪の司法書士に相談するのが便利です。

過払い金の返還の請求

過払い金の返還とは、本来法的利息が決まっていますが、それ以上の不当な利息を支払った場合、過払い分の返還を要求できます。

[PR]
不倫や離婚を回避するコツを徹底解説!
夫婦生活を長く続けよう

離婚の原因は不倫だけじゃない!様々な離婚原因について

電卓を操作する人

過払い金請求って何?

過払い金は、消費者金融やクレジットカード会社からの借入期間が5年以上あり、利息制限法の上限(金利18%以上)の利息を払わされていた、つまり払い過ぎた利息を指します。一般にグレーゾーン金利とも呼ばれます。現在キャッシング利用者は1000万人以上と言われますが、当然借りたお金には金利が付きます。利息制限法で「総額10万円以上100万円未満のキャッシングについては、18%を超える場合は無効とする」と定められており、この法定利率を守らない業者から、払いすぎたお金を返還されます。

借金を整理するには時効の援用を主張しよう

借金を長期間返済せず、10年(一般的)あるいはは5年(商取引)が経過したら、基本的に借金は消滅します。しかし、何もしなければ消滅したと主張できません。そこで「時効の援用」という手続きが必要となります。法律で決まった方法はありませんが、証拠が求められますので、必ず確実に証拠が残る方法を利用します。「内容証明郵便」を利用して「時効援用通知」を送れば良いです。内容証明郵便は郵便局が内容を証明するもので、同じ内容の控えが残り印鑑を押してくれます。

信頼できる法律家に依頼しましょう

弁護士も司法書士も、素人である貴方の強い味方になって頂かないと困ります。友人知人の口コミや、周囲の評判を確かめてから、信頼が置ける法律家に依頼すべきです。この選択は重要で、この先に響いてきます。

[PR]
相続トラブル専門の弁護士事務所!
家族間のトラブルを回避

過払いなら大阪の司法書士事務所へ!

広告募集中